柳沢歯科医院のブログ

大きく拡大して治療する

投稿日:2020年1月15日

カテゴリ:未分類

歯科治療の精度 現在、多くの歯科治療の現場では、肉眼や拡大鏡(大きく見える眼鏡)を使用しての治療がメインになります。ここ10年程でマイクロスコープという歯科用の顕微鏡が普及してきました。大体口の中を3~30倍程度にまで拡 […]

>続きを読む

3歳時検診に行って思うこと 歯並び編

投稿日:2020年1月15日

カテゴリ:小児矯正

虫歯はないけれど、歯並びが・・・ 現代の3歳の子供達、虫歯はとても少ないです。しかし・・・。歯並びに問題がある子供達が溢れかえっています。歯並びに問題がない子供を探す方が、逆に難しいくらいです。それくらい、現代の子供達は […]

>続きを読む

3歳児検診に行って思うこと 虫歯編

投稿日:2020年1月13日

カテゴリ:未分類

調布市の3歳時検診の虫歯の状況 一言でいうと、「ほとんど虫歯がない」です。市の取り組みの成果なのでしょう、ほとんど虫歯になっている歯がありません。これは素晴らしいことだと思います。30年前とは大違いだと思います。 &nb […]

>続きを読む

月に一度のメインテナンスをしている女性

投稿日:2020年1月12日

カテゴリ:未分類

メインテナンスの重要性 マイクロスコープを用いた治療など、現代の歯科のテクノロジーの進歩はめざましいものがあります。従来の治療とは、原理原則の変化はないけれども、その精度の向上は素晴らしものがあると感じています。 しかし […]

>続きを読む

お母さんが喜んで写真を取って帰ります

投稿日:2020年1月8日

カテゴリ:小児矯正

子供達の健康を重要視した小児矯正 ブログでも度々説明しておりますが、当院の小児矯正は、歯並びが悪くなる原因にアプローチし、顎の成長を促し、口腔内と周りの筋肉を整えることにより、不正咬合から全身の健康に対して行う治療法です […]

>続きを読む

根の治療を放置するとこんなに汚くなるのか・・・

投稿日:2020年1月7日

カテゴリ:根管治療

根管治療は歯の内部に穴を開けて治療する 根管治療、一般的には神経の治療や根の治療と呼ばれますが、この治療は、歯の内部に入り込んだ汚れを取り除く治療のため、歯の頭の部分に穴を開け、内部にアプローチをします。   […]

>続きを読む

咬み合わせが悪いために体の不調和を感じてる人が意外にいます

投稿日:2020年1月6日

カテゴリ:未分類

自律神経失調症の改善のために咬合治療 今日、咬み合わせの専門の先生から、根管治療の紹介でいらした患者さん。話を聞くと・・・ 「自律神経失調症の症状の改善のために、咬み合わせの治療にいきました」とのことでした。 自律神経失 […]

>続きを読む

歯科の本質は感染のコントロール 痛みを取ることではありません

投稿日:2019年12月29日

カテゴリ:根管治療

痛みに困る患者さんは多いけれど・・・ 「歯が痛むから歯医者に行く」これは当然です。しかし、痛みは歯科の本質ではありません。歯科の本質は、「細菌感染」と「咬合力(咬む力)」のこの二つをコントロールすることによって、歯と口腔 […]

>続きを読む

強い痛みで根管治療を行なった下の奥歯

投稿日:2019年12月29日

カテゴリ:未分類

強い痛みを主訴に来院された患者さん 右下の奥歯に非常に強い痛みを訴え来院した患者さんです。診査の結果、根管治療が必要と診断し、根管治療を行なっていきました。 術前のレントゲン写真です。歯髄を呼ばれる軟組織、いわゆる神経の […]

>続きを読む

白い詰め物とラバーダム防湿

投稿日:2019年12月27日

カテゴリ:未分類

白い詰め物について 小さい虫歯があった場合、昔は歯を削った後に型取りを行い、金属の詰め物をしていましたが、最近はコンポジットレジンという白い材料で詰めることが多くなりました。 このコンポジットレジンは金属と違い、見た目が […]

>続きを読む

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >