歯を抜かない歯科治療

抜かない治療・天然歯にこだわる治療

保存治療

歯がなくなった場合には、ブリッジ、入れ歯やインプラントなど、様々な治療のオプションがありますが、どれも天然歯にはかないません。当院では、「抜かない治療」「天然歯にこだわる治療」に力を入れております。このことを実現するために、当院で行っていることをいくつかご紹介致します

  • ①エクストルージョン

    歯を抜かなくてはいけなくなる理由の一つが、虫歯が大きく、歯の量が少なくなり、根のみになってしまうケースです。このような場合に、他院で抜歯と診断されても、当院では、エクストルージョンという部分矯正治療により、保存ができることがあります。この方法は、歯に力をかけて、歯茎の中から歯を持ち上げてくる治療です。

  • ②歯根端切除術、意図的歯牙再植術

    根管治療を行っても、どうしても痛みや腫れが治らないケースがあります。このような際に、他院では抜歯、と診断されることもあるかとは思いますが、当院では、「歯根端切除術」や「意図的歯牙再食術」などの外科的歯内療法にて、その問題を解決し、歯の保存が可能になる場合があります。

 
  • ③移植

    虫歯が大きい、歯周病、歯根破折などの原因で、残念ながら抜歯と診断せざるを得ない場合があります。このようなケースでは、抜歯後、多くの医院でブリッジや入れ歯、インプラントが提案されるようですが、親知らずなど、機能していない歯がある場合には、抜歯した部分に、その歯の移植を提案することがあります。この場合、移植を他院の腕利きの先生に依頼をし、移植が完了した後、当院で根管治療、修復処置を行う流れとなります。自分自身の天然の歯で咬めるため、この治療が患者さんから一番喜ばれます。親知らずは、「未開封の天然インプラント」なのです。

  • ④マイクロスコープを用いた精密治療

    これらの治療、そしてその他の治療にも、マイクロスコープは不可欠です。抜くか保存できるかの瀬戸際の歯はもちろん、治療する歯を長持ちさせるためにも、マイクロスコープは必ず必要なのです。

  • ⑤メインテナンス

    治療した後に、今までと同じ状況にならないためにも、予防、メインテナンスは大切です。当院では、歯科衛生士もマイクロスコープを用いてメインテナンスを行っているため、肉眼レベルのメインテナンスよりも質の高い「精密メインテナンス」を行っております。

調布市で歯を抜かないことに拘る歯科医をお探しの方へ

低侵襲治療をご希望の方

大きい虫歯、進行した歯周病、歯の根のヒビなどで残念ながら抜歯を診断せざるをえない場合も、もちろんあります。しかし、他院で抜歯と診断されても、当院では保存できたケースは多くあります。諦めないでください。抜かない治療、天然歯にこだわる治療は可能かもしれません。