無痛治療

痛みのない治療だからこそ、居たい歯医者さんになっていきます

無痛治療

歯医者さんを思い描くとき、痛みをイメージされる方が多いのではないでしょうか。歯を削る音が痛みを連想させ、どうしても歯医者さんから足が遠のいてしまいがちです。柳沢歯科医院では、このような固定観念をお持ちの方にこそ、是非とも受診していただきたいと考えています。当院では、痛みのない治療、無痛治療を積極的に取り入れています。痛みのない治療でお口の環境が整っていくと、不思議と皆さま予防歯科にも積極的になっていかれます。痛みという怖いイメージを理由に歯医者さんから遠のいている方、ぜひお気軽に足をお運びください。

「柳沢歯科医院」が大切にしている無痛治療のための5つ

無痛治療法

当院では、歯科治療で発生する痛みを患者さまが極力感じずに済むように配慮しています。痛みを100%取り除けるとは言えませんが、使用する医療器具や治療の方法次第で痛みの大部分は取り除くことができます。当院の拘っている無痛治療の秘密を5つご紹介いたします。

  • ①針を刺す前の塗る治療(表面麻酔)

    表面麻酔麻酔注射をする場合、注射針を刺す行為で痛みを感じることがあります。これを回避すべく、当院ではまず歯肉に塗るタイプの麻酔で歯茎表面を麻痺させ、そこに注射することで痛みを生じにくくしています。

  • ②注射針の細さ(30G)で痛みを軽減

    極小の注射針注射針の太さによっても痛みの質が異なります。当院では、現在使用されうる歯科麻酔針の中でもトップレベルの”30ゲージ”という細さの針を採用していますので、針が刺さる痛みも最大限抑えられています。

  • ③マイクロスコープの低侵襲治療

    マイクロスコープ歯科マイクロスコープの使用により、無駄のない削りが実現しています。肉眼と比較しても40倍程度の視野を確保できますので、よりピンポイントでの治療が可能で、削る範囲を減らし痛みの発生率を抑えます。

  • ④麻酔針の刺し方での高度な配慮

    麻酔針の刺し方麻酔針を刺す際、麻酔の打ち方によっても痛みの生じ方が変わってきます。歯肉に大きな圧力をかけないように刺すことがポイントで、角度的に粘膜を針に充てるように刺すと、痛みの少ない注射になります。

  • ⑤予防歯科普及の後押し

    予防歯科歯が痛くなる前に定期検診を習慣付けてもらい、天然の歯を健康な状態に保つことをおススメしています。痛みを感じるきっかけ自体を事前に取り除けますので、何より患者さまにとってプラスになります。

調布市で”痛くない歯医者さん”をお探しの方、当院までご相談ください

痛くない歯医者

当院では、このように痛みのない歯科治療、無痛治療に拘りをもって患者さまの施術にあたっています。「もっと早く来ていれば良かった」というお声や、「痛くないと友達に教えてもらって来てみました」というお声も多数いただいております。痛みのない歯医者さんに心地よさをお感じいただき、それが予防歯科へと広がりを見せ、皆さまの口腔環境の健康が常に維持されることを目指しております。痛くない歯医者さんをお探しの方、お気軽に柳沢歯科医院まで足をお運びください。