小児矯正(MRC矯正)

呼吸の重要性にも配慮する小児矯正

呼吸も考えて

調布市柴崎で小児矯正をご検討中の方は、こちらでご説明させていただく内容を丁寧にお読みください。小児矯正では、一見歯並びだけに注意が向いてしまいますが、実は呼吸面での影響にも配慮していくと、そのお子さまの将来を大きく変えうる選択肢にもなるのです。具体的には、歯並びだけでなく、集中力不足や多動的な傾向、アレルギーや喘息などの症状も改善できる効果に期待できます。

顎骨の位置のズレや小ささは子供の人生を左右します

もたらす悲劇近年、顎骨が正常通り発育せず、顎骨全体が小さく位置ズレのあるお子さまが増加しています。

上顎が小さく、またズレてしまう場合、鼻腔という鼻の中の空気の通り道が狭くなり、呼吸がしづらくなってしまいます。下顎が小さくズレてしまうと、歯の並ぶスペースが確保できず、歯並びの悪化だけでなく、舌を喉の奥の方へと押しやってしまうことから、気道も狭めてしまいます。

結果、口呼吸が習慣形成され、発育や体質、情緒面でも大きな影響を及ぼしてしまいます。

適切な呼吸が確保されていることの重要性

起こる悲劇呼吸がうまくできていない場合、子どもたちの成長にとって多くのマイナス影響があります。脳は酸素を必要とし、寝ているときに脳は成長します。例えばこの時に酸素が脳にうまく供給されなければ、脳の成長が阻害され、学力低下にもつながってしまいます。

起きているときにも、口呼吸が常態化すると、姿勢が悪くなりやすく、情緒面の不安定さや多動的な傾向、中耳炎やアレルギー、鼻炎や蓄膿症、免疫力の低下などへの影響もあります。このように、呼吸を整えていくことは、発育そのものにとって非常に重要です。

顎骨の最適化&呼吸の改善⇒キレイな歯並び

子どもの上顎の大きさや位置取りを正しく整えることができると、正しい鼻呼吸が確保されて、本来のお子さまの能力が最大限に引き出されていきます。

下顎の成長や位置取りの配慮についても、舌の位置を最適な箇所に定められますので、口腔周囲筋が適切に発育し、顎関節がうまく動くようになっていきます。結果的に、姿勢も良くなり、歯並びも自然と整っていくという好循環を生めます。

歯並びも良くなる

MRC矯正:呼吸に焦点を当て発育に配慮した最新矯正法

小児矯正法

MRC矯正は、正しい鼻呼吸を獲得することにより、顔面骨格の成長を正常に導き、結果的に歯並びも整えていこうという治療法です。口呼吸を鼻呼吸へと変えていくことができますので、歯並び以外にもカゼ、インフルエンザの予防、姿勢やアレルギー、不眠、いびき、情緒面の不安定さ、集中力不足などを改善させる効果が期待できます。

つまり、呼吸の悪さがもたらす悪影響を取り除く治療の中で、期待できる効果として歯並びが含まれてくるというものです。子どもの健全な発育を主眼としたものになりますので、歯並び以外の面で様々なプラス効果が期待できます。

MRC矯正治療の具体的な内容

治療法マウスピース型のマイオブレースと呼ばれる装置と、アクティビティーと呼ばれる訓練を行ないながら、本来習慣形成されるべき鼻呼吸の獲得を目指します。

アクティビティーでは、舌の位置取りや正しい飲み込み方なども覚えていただきながら、鼻呼吸習慣の獲得を後押しします。結果として、歯並びが改善され美しい口元が期待できます。

リテーナーが不要である点も一つの特徴と言えます。

呼吸に関わる連係プレイを見据えたMRC矯正

鼻呼吸をするために、何より重要視すべきは舌の位置取りと口を閉じることです。舌が正しい位置に収まり、口を閉じると、正しい鼻呼吸を獲得することができます。この結果、顎骨も正常な広がりを見せ、歯がキレイに並んでいきます。

よって、発達段階にあるお子さまの場合、このような一連の連係プレイを無視して、小手先で歯のみを矯正しようとするのは適切な方法とは言えません。MRC矯正では、一般的な小児矯正とは異なった視点から、顔面内の呼吸に関わる連係プレイを重視した矯正を行なっています。

舌位の改善

MRC矯正の流れ

  • ①歯並びの相談(無料)

    歯並び相談定期的な歯科健診やフッ素塗布でご来院いただいた際、お子さまの歯並びについて心配がおありでしたらご相談ください。お電話でもできる範囲でお答えいたします。どんな些細なことでも結構ですので、専門家の私たちにご相談いただければと思います。簡単なアドバイスや説明などは、無料で受けていただけます。

  • ②検査、後日分析結果のお話

    検査・分析結果説明矯正治療を前向きに考えられる場合、歯型やレントゲン写真を取らせていただき、それを元に分析させていただきます。後日、その時点での考えられる矯正治療法を、費用や使用装置、期間などを含めてご案内いたします。分析結果をまとめたものもお持ち帰りいただけますので、ご家庭で再度ご検討いただけます。

  • ③矯正治療スタート

    矯正治療開始マイオブレースを日中一時間と夜間就寝時に装着していただきながら、毎日のアクティビティーを行い、呼吸、舌の位置取り、正しい嚥下を練習していきます。必要があれば、型取りをして、装置をつけていただくこともあります。

  • ④定期的通院(調整)

    矯正装置の確認・調整月に1度来院して頂きます。来院の際は、アクティビティーの状況や、マイオブレースがちゃんと使用できているか、使用状況を確認しながら、歯並びの確認を致します。MRC矯正の専門ドクターがご対応致します。

子どもの歯並びの矯正を始めるべきタイミングは?

何歳から

柳沢歯科医院では、小学校低学年くらい、永久歯が生え始めたタイミングで矯正治療をお始めになることを推奨します(遅くても10歳くらいでお始めください)。年齢が低い段階で、乳歯と永久歯が混ざり合った時期であれば、矯正治療の難易度も低くなることが多く、お子さま自身だけでなく費用面でのご負担も少なくて済みます。

頭蓋顔面劣成長症候群の改善のための小児矯正という考え方

「頭蓋顔面劣成長症候群」は私が世界で初めてつけた名前の病気です。小児の歯並びや呼吸のことを突き詰めていき、原因を考えるとこの病名が非常にしっくりきたので、私はこう呼んでいます。この病気が解決できれば、その子供の人生は大きく変わり、健康な人生を送れると心から信じています。では、どんな病気なのか説明していきます。

頭蓋顔面劣成長症候群とは?

頭蓋顔面劣成長症候群頭蓋顔面(頭蓋骨全体)は30個ほどの小さな骨が組み合わさって構成され、全ての骨が連動して成長します。そのため、どこかひとつの骨の成長がうまく成長できないと、全体のバランスが崩れて、成長不足になります。これが「頭蓋顔面劣成長」です。

では、最近の子どものどこの骨がうまく成長できない場合が多いのかというと、それは上顎の骨(上顎骨)です(写真の緑色の骨が上顎骨)。理由は、①口がポカンと開き②舌の位置が下がり③歯が噛み合っている時間が短いため、上顎骨の支えがなくなるからです。

そうなると本来、正常であれば前方向に成長しなければならない上顎骨が重量に従って下方向へ成長してしまい、頭蓋骨全体の成長バランスが崩れ、「頭蓋顔面劣成長」が起こるのです。

この「頭蓋顔面劣成長」が不正咬合(噛み合わせが悪い状態)から、喘息、アトピー性皮膚炎、腰痛、さらにはうつ病、パーキンソン病、脳梗塞や心筋梗塞などのトラブルの引き金となる可能性があるのです。これらの病気を総称して、私は「頭蓋顔面劣成長症候群」と名付けることにしました。

あるデータによると、現代の子供の8割は1日の80%の時間、口を開けているそうです。つまり、1日の大半は口をポカンと開け、舌が下がっている状態です。これに加えて、現代食は柔らかいものばかりで、良く噛む子が減ってきています。結果、現代の多くの子供が上顎骨の成長が悪い、すなわち「頭蓋顔面劣成長症候群」になっているといっても過言ではないのです。そこで当院では、「小児矯正・頭蓋顔面科」を設立し、Myofunctional Research Companyの小児矯正システムを用い、「歯科矯正治療」の枠を超えた「頭蓋顔面劣成長症候群の治療」に力を入れています。

頭蓋顔面劣成長症候群に見られる症状

頭蓋顔面が劣成長になることによってみられる症状と、劣成長になる主な原因(低位舌・口呼吸)により見られる症状を挙げていきたいと思いますそれぞれ詳しくご説明しておりますので、下記リンク先よりご覧ください。

調布市で発育にも配慮した小児矯正なら、当院にお任せください

矯正歯科をご希望の方

柳沢歯科医院での小児矯正は、一般の小児矯正歯科とは異なった視点で、呼吸面や顎骨の発育をも重視した矯正治療法を取り入れいています。まだ発達段階のお子さまですので、自然な発育や成長の流れをうまく取り入れることで、本来の歯並びに無理なく近づけていくことができます。お子さまの発達も総合的に見据えて、より立体的な効果が期待できる小児矯正をお考えの場合、是非当院へご相談ください。