予防歯科・クリーニング

当院の予防歯科への考え、体制について

予防歯科

予防歯科は、虫歯予防や歯周病予防に主眼を置いた診療科です。虫歯や歯周病になる前の予防については、そのためにかかる負担も非常に少なく、何より歯を健康な状態で守ることができる点で非常に価値のあるものと言えます。当院の予防歯科では、以下のような2つの特徴があります。

①予防歯科のスペシャリストの担当制

歯科衛生士予防歯科のスペシャリストとは「歯科衛生士」のことで、歯科医師と同じく国家資格を有する専門家です。

虫歯の予防や歯周病治療について高度な知識技術を持っていますので、安心してお口の中をお任せいただけます。

当院では、この歯科衛生士を患者さまそれぞれに担当制としてお付けいたしますので、きめ細かにサポートさせていただけます。

②「超音波」と「手動」の2つのスケーラー:適材適所の使い分け

2種類のスケーラースケーラーとは、歯石や歯垢を除去するための歯科用の専用器具です。これには2種類のタイプのものがあり、それぞれに得意な部分、不得意な部分があります。

当院では、これらを適材適所で使い分けることで、より細やかで丁寧な処置が可能となっています。

トータルでの処置時間は増えてしまいますが、適切な処置を優先することが何より患者さまの予防につながると考えています。

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー超音波で微細に振動する器具で、歯の表面についた歯石や歯垢をスピーディーに広範囲で取り除くことに適しています。

  • 手動ハンドスケーラー

    ハンドスケーラー手動ハンドスケーラーは、きめ細かに手作業で歯石や歯垢を取り除けるというもので、歯と歯の間、歯と歯茎の間など、細かな作業に適しています。

痛くないときの歯医者さんと仲良くなっておいた方がお得です

歯科医院を受診

「痛くなったから歯医者さん」という方が日本ではまだまだ一般的ですが、本来的には健康診断のようなイメージで、「痛くないときの歯医者さん」とお付き合いいただければと思います。定期検査として通っていただければ、治療的な話に寄らず、歯磨きの仕方からお食事を含めた生活習慣のアドバイスなども行なえます。失ってからでは取り戻せない天然歯ですので、痛くなる前に歯医者さんと仲良くなってください。

お口の中の健康維持は、日々のブラッシングだけでは不十分!?

歯周病対策

虫歯や歯周病予防について、皆さまはどのようにお考えでしょうか。「私は毎食後必ず歯を磨いているので大丈夫!」と自信をお持ちの方もおられるかもしれません。しかしながら、食後欠かさず歯を磨けば虫歯や歯周病にならないわけではありません。それは、バイオフィルムと呼ばれる細菌の固まりが、ブラッシングだけでは簡単に取り除けないくらい強力なものだからです。

歯磨きにも負けないバイオフィルム

お口の中のバイオフィルムは、例えるならキッチンの三角コーナーのヌメリのようなものです。軽くスポンジでこすっても落ちにくい場合があるように、一回の不十分な歯磨きでそのヌメリは蓄積します。多くなるにつれ歯茎が炎症を起こし、やがて歯周病にまで発展します。

バイオフィルム

バイオフィルムに勝てるのは、歯科衛生士です

数億の細菌バイオフィルムは、歯の隙間や表面に付着する数億の細菌の固まりです。ここには虫歯や歯周病を引き起こす菌が潜んでいて、放置すれば強化され、歯茎の炎症だけでなく顎の骨を溶かしてしまうこともあります。

日々のブラッシングだけではお手入れとして不十分なため、定期的に歯医者さんに通っていただき、蓄積した汚れや菌を完全に除去する習慣をお作りください。3ヵ月に1度くらいのペースで結構です。歯科衛生士の視点からの専門的なクリーニングを受けていただければ、虫歯や歯周病の発生リスクを大幅に低減できます。

予防歯科の価値、ホームケアのみの方との生涯治療費の差

定期的

痛いときのみ

(出典:日吉歯科診療所調べ)上記の画像をご確認ください。定期的な歯科検診で適切な予防を意識してこられた方と、ただご家庭のホームケアのみでお過ごしになり、痛くなれば歯医者を利用した方の80歳になるまでの総治療費の算出例です。一見、細かく出費が増えそうな予防歯科ですが、障害を通じて考えた場合、二百万円以上もの治療費を抑えることができます。また金銭的なメリットだけでなく、ご自分の歯も維持できていますので、美味しく食事を取ることも可能です。このように考えると、予防歯科の価値がどれほどのものなのかお分かりいただけると思います。

若い時にしておけば良かった、と思うこと、第1位は歯の後悔

歯の後悔

(出典:雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社調べ)上記は55歳~74歳の方を対象に「若い時にしておけば良かったこと」というアンケートをしたものになります。70歳~74歳の年齢を召された方が、「歯の定期検診を受ければよかった」と口々にご回答になっているのがわかります。若い時にはまだ実感がないものでも、「歯を失ってから後悔しても遅い」と読み解くべきなのではないでしょうか。歯が丈夫なうちに、歯科定期検診の習慣をお作りください。

口の衰えと健康状態の調査結果

  • お口の衰え防止

  • お口の衰え防止

東京大学高齢社会総合研究機構による研究によると口の健康が死亡リスクを高めるということが明らかになりました。左画像の6項目に3つ以上当てはまるグループは、当てはまらないグループに比べて、右画像のとおり、死亡リスクが2.09倍、要介護リスクが2.35倍になるという結果です。お口の衰えによりお肉が食べられない、たくさん食べられないなど、食生活が偏り、全体の身体機能の低下に繋がることが原因のようです。少しでもお口の衰えを防ぐことが健康の秘訣です!

引用元:Nippon News Network(NNN)

定期検査でのクリーニングには、歯を白く保てるというメリットも!

歯が白くなる

定期検診で歯をクリーニングすることのメリットとして、もう一つお伝えしておきたいことが「白い歯を保てる」ということです。本来的には、定期検診でのクリーニングは、虫歯や歯周病の点検、バイオフィルムの清掃などを主眼とするものですが、歯のクリーニングの工程の中には、歯垢や歯石を除去するほかに、飲食によって着色してしまった歯面をキレイにする「歯面研磨」の工程があります。

ホワイトニングとは多少異なっていて、「歯本来の持つ白さにまで戻す」ことを目指すものになりますが、それでも健康的な白い歯を維持するという意味で十分にメリットが見いだせるものです。

調布市で予防歯科やクリーニングに興味をお持ちの方は当院へ

予防歯科受診を検討の方

柳沢歯科医院では、このような形で予防歯科に最大限の価値を見出し、地域の皆さまの口腔環境のケアに取り組んでいます。調布市全土だけでなく、調布市の外にお住いの場合でも、3ヵ月に1度程度の通院になりますので、積極的に当院をご活用ください。