歯を削らない歯科治療

不必要な削りを極力回避:徹底した「低侵襲治療」

低侵襲治療

歯を長持ちするためには、歯の量が残っている方が良いので、なるべく歯にダメージを与えない「削らない治療」が必要になります。

歯を削らないための工夫

従来は、歯を削り神経を抜くといったスタイルで、まず虫歯自体を取り除いてから口腔環境を見直すことが主流でした。近年では可能な限り削らず、場合により虫歯菌を無菌化して治すという治療法もクローズアップされています。当院もこの考え方に沿う形で、以下のような4つの方法を取り入れ虫歯治療に当たっています。

  • ①マイクロスコープの有効利用

    歯科用顕微鏡、いわゆる「マイクロスコープ」を用いて治療をすることにより、虫歯になった歯の虫歯の部分のみを取り除き、健康な部分をより多く残すことができるようになります。

    神経の治療にも有効で、歯の内部を細かく確認できることで、必要最低限の部分のみ取り除き、歯の根の厚みを保存することができます。ポスト(土台、芯棒)を挿入する際にも、最低限のダメージで行うことができます。このポストは、神経治療が上手くいかず、再治療の必要になった場合に取り除く必要があるのですが、マイクロスコープを使用することで、歯の根の部分をほとんど削ることなく取り除くことができます。

    これらにより、歯を抜歯しなくてはならない大きな理由の一つである「歯根破折」いわゆる、根に入ってしまったヒビ、を防ぐことができます。

  • ②新品のバーの使用

    歯を削るバーはいわば、「歯を切る刃物」です。この刃物の切れ味が良いほど、確実に必要の部分のみを削る「削らない治療」が実現できます。このために、新品のバーを用います。

    これは、神経の再治療の場合に特に有効で、上記に示した金属製のポスト(土台、芯棒)の除去に大いに役立ちます。古い削れないバーで金属ポストを除去すると、滑ってしまい、歯の余計な部分を誤って削ってしまいます。この際に新品の削れるバーを使うと、滑らずに金属ポストのみを取り除くことができるので、根の部分が多く残るので、結果的に歯の寿命は長くなります。

  • ③う蝕検知液の使用

    う蝕検知液とは、虫歯になっている部分のみを染めてくれる優れものです。これを使うことにより、虫歯になっている部分を正確に把握することができるので、健康な部分を余分に削らなくてすみます。

削る治療

削る治療

歯の健康な部分を残すことで歯は長持ちします。しかし、虫歯が大きかったケースなど、残っている部分が少なくなり薄くなった場合、この部分を残して詰め物をすると、咬む力に耐えきれず、薄くなった部分からヒビが入ることがあります。このヒビから再度虫歯になったり、最悪の場合、抜歯に至ることも少なくありません。このような場合には、逆に歯を削り、精度の高い被せ物で補強することが、歯の長持ちにつながります。

「歯の部分を残したい、削りたくない」という気持ちが、かえって歯の寿命を短くする結果になることもあるのです。

調布市で天然歯の保存を重視する歯科医をお探しの方へ

抜きたくない、削りたくない方

削る量を最小限にして、歯の部分をより多く残すことは大切です。しかし、場合によっては、残っている部分を削り、人工物で補うことが必要な場合もあります。 目的は、歯の量を残すことではありません。歯を長持ちさせることです。そのためには、削らない場合、削る場合、を臨機応変に選んで治療することが大切です。