虫歯の取り残し。コンポジットレジンの下の虫歯。

投稿日:2022年9月21日

カテゴリ:虫歯治療

虫歯治療にはさまざまな方法があります。虫歯の進行具合や範囲、部位などさまざまな要因などを考慮して歯科医師は治療法を選択します。

虫歯は磨き残しなどに集まった細菌が出す酸によって歯が溶かされる病気です。溶かされた歯に細菌はより深く侵入し、さらに深部まで溶かされていきます。

虫歯にはステージがあります。

左から順に虫歯の進行が進んでいる状態です。歯の内部には神経があり、3番目から神経が細菌によって攻撃され、神経を取る治療が必要になることが多いです。

一番左の虫歯は、初期の虫歯で治療が必要ないことが多いです。しっかり磨いて現状を維持したり、フッ素を塗布して進行を防ぎます。

2、3番目で神経に問題がない場合は、虫歯を削って詰めていきます。

以前は銀の金属の詰め物で処置していたことが多いですが、現在はコンポジットレジンという白い高分子のプラスチックのような材料で処置することが多いです。

このコンポジットレジンという材料のメリットは、歯に直接接着するということ、そして、歯と同じような色調で、ある程度の強度があるということなどが挙げられます。

従来の金属の詰め物は歯に直接くっつくことができないため、セメントを必要としたり、詰め物が取れない形にするために、虫歯以外の健康な場所も大きく削って詰めていました。コンポジットレジンはセメントが必要なく、直接歯にくっつくため、虫歯だけを削って詰めることができます。健康な歯を削らずに治せるのはとても大きなメリットです。

しかし、このコンポジットレジンの治療はお口の中で直接接着操作をするのでとても難しいです。

唾液や舌、頬、呼気などによって接着阻害が起きてしまいます。

とてもいいコンポジットレジンですが、しっかり歯に接着しておらず、すぐに取れてきたり、隙間があって再度虫歯になるということも少なくありません。

そして、虫歯だけを削って詰めるのも難しいです。歯を残そうと頑張りすぎて虫歯の取り残しをしてしまうケースも少なくありません。

小さい虫歯治療こそ、しっかりと治療を受ける必要があります。

そのためにはマイクロスコープを使用して拡大視野で治療が必須だと私は感じています。

マイクロスコープは拡大視野で治療ができる他に治療行程を記録することができます。

「虫歯があるので削って治しておきますね」

これではどこにどのくらいの虫歯があってどのように治したか全然わかりません。そもそもなぜそこが虫歯になったのかもわかりません。

マイクロスコープがあれば、患者さんに写真や動画を見せることができます。

例えばこのようにお口の歯の写真をその場で記録して、見せることができます。

これはコンポジットレジンが詰めてある歯ですが、一見問題ないですが、不適合な部分があったりレントゲンで虫歯が認められる歯です。詰め物を外していきました。

中がドロドロしているのがわかります。

治したはずなのに内部が虫歯になっています。

原因は100パーセントで答えることはできませんが、おそらく虫歯の取り残しだと考えられます。

虫歯染め出し液を使用してみます。これは虫歯の部分が染まる染色液を使用したところです。

内部が強く染まっているのがわかります。

このように患者さんも目でしっかり見ることで、どこに虫歯があって、どのくらいの深さで、どのように治療したか、何が原因で虫歯になって、他の歯が虫歯にならないようにするにはどうするかなど、さまざまな情報を得ることができます。

虫歯をマイクロスコープ治療を希望の方で調布市の歯科医院をお探しの方は柳沢歯科医院にご連絡ください。

■ 他の記事を読む■