家族みんなで歯医者に行きましょう

投稿日:2018年3月7日

カテゴリ:未分類

口の衰えは老後の生活に大きく影響しています

ある東京大学の研究グループによる研究結果によると、「口の衰え」を感じている人は、感じていない人よりも死亡リスク、介護が必要になるリスクが高くなるそうです。

口の衰えとは具体的に・・・

1、残っている歯が20本未満

2、かむ力が弱い

3、口を巧みに動かせない

4、舌の力が弱い

5、硬い食品が食べづらい

6、むせやすい

この項目のうち、3つ以上に該当する人は、死亡リスク、介護リスクが高まるとのことでした。

つまり、「口の衰え」が老後の生活に大きく影響しているのです。

 

老後を楽しむためには「口が元気」であることが大切

上記に示した6項目、多くが歯科に関係あることです。定期的に歯科に通いメインテナンスをし、自分で毎日のケアをきちんと行い、もしも問題が起こったら適切な治療をしてもらうことが、老後の人生を楽しむために、大切なことなのですね。

 

介護は社会問題 口の中が不健康なことは家族問題

高齢者が多くなり、介護が必要な方が多くいます。介護は、されている人も大変ですが、している人も大変。つまり、自分だけの問題ではない、家族の問題です。

口の中が健康であれば、介護されるリスクを下げることができ、楽しい老後を迎えることができます。そして、周りの人に対しての負担も軽くなります。口の中の健康は自分だけではなく、家族にとっても大切なことなのです。

みなさん、家族みんなで歯医者に行きましょう。

柳沢歯科医院

 

 

■ 他の記事を読む■