根管治療の記事一覧

根管治療のできる回数は限られています

投稿日:2021年10月19日

カテゴリ:根管治療

根管治療とは? 当院のブログでも、度々説明しておりますが、歯のは内部に蔓延った細菌感染を取り除き、歯とその周囲の組織の健康を保つ治療です。   再感染のリスク しかし、一度、根管治療を完了させても、虫歯の取り残 […]

>続きを読む

根の先の穴が大きくなっている場合にMTAセメントが有効です

投稿日:2021年10月16日

カテゴリ:根管治療

根の先の穴とは? 専門的に言うと「根尖孔」と言います。元々の歯髄と呼ばれるゼリー状の軟組織(いわゆる神経)が外側の組織と交通するために存在する穴です。歯髄が壊死し、感染すると、細菌を含む炎症を起こす物質が、この穴を通り、 […]

>続きを読む

樋状根の根管治療

投稿日:2021年10月13日

カテゴリ:根管治療

右下の奥歯の歯茎が腫れた・・・ 患者さんは40歳代の女性でした。右下が腫れたとのことで来院されました。 診査の結果、根の先の炎症「根尖性歯周炎」であると診断し、根管治療をすることになりました。この炎症は、いわゆる「根の先 […]

>続きを読む

上顎大臼歯には4つの根管があります

投稿日:2021年10月11日

カテゴリ:根管治療

上顎大臼歯の近心頬側第二根管 私たち世代の歯科大学の教育では、上顎大臼歯、いわゆる、上顎の奥歯である6歳臼歯と12歳臼歯は基本的に3つの根管があると習いましたが、実は、多くの場合4つの根管があることが多いのです。この4つ […]

>続きを読む

見落としの根の管は往々にしてあります

投稿日:2021年10月10日

カテゴリ:根管治療

見落としの根の管とは? 根管治療は、歯の内部に入り込んだ細菌感染を取り除き、歯とその周囲の組織の健康と保つ治療です。特に、歯の根の内部にある神経の通り道である管を「根管」と呼ぶので、根管治療と言います。 この管全てを可能 […]

>続きを読む

ヒビが入ると抜歯になる理由

投稿日:2021年10月5日

カテゴリ:根管治療

歯茎が腫れる原因は「細菌感染」 歯茎が腫れている・・・ 歯科医院に通っていて、経験のある方は多いのではないでしょうか?原因は、歯にこびり付いた汚れ、つまり「細菌感染」です。 歯科治療とは、この細菌感染を、歯を残しながら取 […]

>続きを読む

右上の歯茎の腫れが治らない・・・

投稿日:2021年10月3日

カテゴリ:根管治療

根管治療したが歯茎に腫れが・・・ 患者さんは60歳代の男性。歯茎の腫れを主訴に、他院からの紹介を受けました。 診断の結果、根管治療を行いましたが、治療後も、歯茎の腫れが治りませんでした。これは、どんな上手な歯科医師が行な […]

>続きを読む

痛みは誰でも取れる 大事なことは・・・

投稿日:2021年9月29日

カテゴリ:根管治療

右上が痛くて動けません・・・ 患者さんは30歳代の女性でした。右上の激痛で来院されました。 診査をすると、右上の奥から3番目の歯。専門的に言うと「上顎右側第二小臼歯」と呼ばれる歯に大きな虫歯があり、その虫歯により、歯の内 […]

>続きを読む

激痛のある歯の内部からの大量出血

投稿日:2021年9月28日

カテゴリ:根管治療

抜髄とは? 歯髄と呼ばれる歯の内部に存在するゼリー状の組織、いわゆる神経を取り除く治療です。根管治療のうちの一つです。虫歯が大きく、歯の内部に細菌感染が及ぶと、歯髄が細菌感染し、歯とその周囲の組織に悪影響を及ばします。こ […]

>続きを読む

意図的再植術の説明

投稿日:2021年9月27日

カテゴリ:根管治療

意図的再植術とは? 一度、歯を抜き、口の外で処置をして、もう一度戻す治療です。 根管治療で汚れが取りきれない場合、口の内部で歯根の先を切り取る「歯根端切除術」を行いますが、第二大臼歯は口の内部で切り取るのが難しいので、口 […]

>続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >