未分類の記事一覧

詰め物が不適合だとその下から虫歯になります

投稿日:2021年5月14日

カテゴリ:未分類

不適合とは? 装着されている詰め物が、歯にピッタリとフィットしておらず、段差がある状態のことです。この「不適合」の状態が続くと、その部分には汚れが溜まり続け、虫歯や歯周病になるリスクが高くなるのです。 では、実際に不適合 […]

>続きを読む

マイクロスコープによる虫歯治療

投稿日:2021年5月8日

カテゴリ:未分類

虫歯とは 歯の部分が虫歯菌に感染し、柔らかくなってしまう病気のことです。虫歯菌の出す酸性物質により、歯が溶けてしまうのです。   マイクロスコープを使って虫歯除去 この虫歯治療。以外に難しく、再度治療をするケー […]

>続きを読む

虫歯になり柔らかくなった歯

投稿日:2021年4月27日

カテゴリ:未分類

虫歯とは? 細菌感染し、歯が溶けて柔らかくなってしまう病気のこのとです。この虫歯を放置すると、歯が細菌感染を起こしドンドンなくなってしまい、最終的に抜歯に至るのです。   虫歯になった歯は柔らかくなりボソボソす […]

>続きを読む

詰め物に段差 虫歯のリスク

投稿日:2021年4月22日

カテゴリ:未分類

詰め物に段差があると汚れが溜まり続けます 多くの方が虫歯になり受けたことのある「修復治療」。これは、金属の詰め物、コンポジットレジン、被せ物など、全てが含まれます。虫歯になった歯を治療した後は、必ず修復します。 この修復 […]

>続きを読む

虫歯になった歯は朽木のように柔らかくなる

投稿日:2021年4月14日

カテゴリ:未分類

詰め物の下には・・・ 患者さんは50歳代の男性です。 右下の奥歯の詰め物の下に、虫歯があったため、その詰め物を外し、内部の状況を確認することになりました。 麻酔をして、金属製の詰め物を除去し、マイクロスコープで拡大し、内 […]

>続きを読む

マイクロスコープを用いた歯石除去

投稿日:2021年4月11日

カテゴリ:未分類

マイクロスコープの有用性 歯科用顕微鏡、いわゆるマイクロスコープは、私の歯科治療に欠かすことはできません。理由は、肉眼では不可能な、細かい部分の汚れ、細菌感染の除去、そして、被せ物や詰め物の治療の精度の向上のためです。 […]

>続きを読む

上の一番奥歯の歯茎から歯石が・・・

投稿日:2021年4月8日

カテゴリ:未分類

マイクロスコープで歯の形を整えていると・・・ 他の医院ではなかなか受けられないですが、当院で特化しているもの。 精度の高い根管治療(当院ではルーティーンなのですが) 説明のわかりやすい根管治療 マイクロスコープを用いたコ […]

>続きを読む

物理的にやりづらい歯の再治療の確率は高い

投稿日:2021年4月6日

カテゴリ:未分類

「物理的にやりづらい」とは? 抽象的な表現になってしまい、申し訳ありませんが、 つまり、 口が開きづらい 舌が大きい 虫歯の場所が悪い 唾液が多い などです。 これらの状況が重なると、治療の難易度はさらに高くなります。成 […]

>続きを読む

詰め物の下に汚れが溜まっていました

投稿日:2021年4月1日

カテゴリ:未分類

コンポジットレジンを外すと・・・ 患者さんは30歳代の女性。右上の犬歯が、失活歯(根管治療を受けていてすでに歯髄がない歯)であり、色が変色してしまっているので、被せ物をすることになりました。通常、当院では、被せ物をする場 […]

>続きを読む

虫歯が取れたかの基準の一つは硬さ

投稿日:2021年3月27日

カテゴリ:未分類

虫歯になると歯は柔らかくなります 虫歯になった歯は、どのような感じなのか? 答えは「朽木のように柔らかくなる」です。虫歯菌に感染して、虫歯になった歯を尖った器具、専門的に「探針」で触ると、「グジョ」と言うような、柔らかい […]

>続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >